ササクレポン

ただのメモ帳のようなもの

確かに今もアレが残ってる

大阪には今も遊郭が残っている。そぞろ人恋しい男たちに15分チョイの間で春を売る天使たちの過去は悲しい。ふとした弾みで無職の男・茂は新地太夫と呼ばれる美しい娼婦・一美(夏目ナナ)と出会い、彼女と共に生きたいが為に女師としての人生を歩むことになった。

storyから抜粋。ネタみたいな内容(笑)。
補足:夏目ナナは、デビュー前、飛田新地のちょん間に居たという噂があります。

それはそれで置いといて、芝居好きの私は是非とも観に行きたかったのだけど、東京・新宿じゃ遠過ぎて無理。大阪でもやってくれないかなあ。